東海日本語ネットワーク(TNN)

日本語教育リソースルームとは?

この地域は、ブラジルをはじめとする多くの外国人住民が暮らしています。外国籍児童生徒もたくさんいます。その人たちの日本語支援活動がひろがってきましたが、日本語教育に関する専門書店がないことから、情報不足に悩んできました。

東海日本語ネットワーク(TNN)は、日本語教育のリソースを集めた拠点の必要性を感じ、そのための働きかけを、関係諸機関に行ってきました。

国立国語研究所が、その運動を全面的にバックアップしてくれ、出版社の協力も得ることができ、愛知県国際交流協会が日本語教育リソースルームの事業を始めました。

地域日本語支援活動の拠点として、同時に学校現場での児童・生徒への日本語指導・教科指導のリソースの提供および情報交換の場の提供を目指して、全国に先駆けた公的機関によるリソースルームがあいち国際プラザに開設されました。2000年5月のことです。

オープニングのシンポジウムは協会とTNNの共催で行いました。

TNNは引き続き運営に協力しています。

 

日本語教育リソースルームのホームページ

「教材リスト(外国人児童生徒向けリスト)」、「リソースルームはこんな部屋」、「オリジナルテキスト」、「リソースルーム活用状況」、「教材活用法」などについて見ることができます。

http://www2.aia.pref.aichi.jp/resource/j/1RRtop/resource_top.html

 

日本語フォーラム全国ネット

日本語フォーラム全国ネットをご紹介します。

 

日本語フォーラム全国ネットとは?

2000年に日本語・識字問題研究会を中心として、日本語支援関係者の全国的な活動を目指した呼びかけがありました。

東海日本語ネットワークは、1997年に全国の日本語ネットワークを集めたシンポジウムを開催しており、全国的なネットワークの必要性を感じていましたので、当初からの呼びかけ人として、プレフォーラムに参加し、また多くの賛同者への働きかけをしてきました。

2001年5月に日本語フォーラム2001が東京で開催され、「多文化・多言語教育の充実と公的保障を目指す東京宣言」が採択され、9月には「行動計画」が採択されました。

2002年は神戸でフォーラムが開催され、日本語フォーラム全国ネットが結成されました。2003年には信州でフォーラムが開催されています。

TNNでは、今後も全国的なネットワーク形成を視野に、活動を続けていきたいと思います。

 

日本語フォーラム全国ネットのホームページ

「フォーラム概要」、「活動経緯」、「東京宣言」などについて見ることができます。

http://n-forum.happy888.net/